活動のご紹介

フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーは、ラオスとカンボジアを中心に、アジアの子どもたちへの小児医療支援を行っています。

1999年にカンボジアのシェムリアップに「アンコール小児病院」を設立し、2013年に自立。2015年2月には新たなプロジェクトとして、ラオスのルアンパバーンに「ラオ・フレンズ小児病院」を設立しました。ラオスにおいても、「医療、教育、地域支援」をプロジェクトの柱とし、持続性のある小児医療のモデルケースを作っていきます。


ラオス



ラオ・フレンズ小児病院


2015年2月にラオスのルアンパバーンにフレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーが運営する「ラオ・フレンズ小児病院(LFHC: Lao Friends Hospital for Children)」を設立。子どもたちが安心して健康を託せる病院、全ての患者を自分の子どもと同じように診療する施設を目指します。


ラオス支援トップページ


カンボジア



アンコール小児病院


1999年にカンボジアのシェムリアップにアンコール小児病院(AHC: Angkor Hospital for Children)を設立。開院以来フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーが運営してきましたが、14年目の2013年1月に自立し、「カンボジア人によるカンボジア人のための病院」として新たにスタートしました。


カンボジア支援トップページ


ミャンマー



モバイルクリニック(移動診療)


ミャンマーのローカルNGOと協力して、モバイルクリニック(移動診療)を開設。ミャンマー人医師、看護師、アドバイザーなど10名前後のスタッフが村に行き、小児を対象に診察・治療・薬の処方・アドバイス等を行っています。


ミャンマー支援トップページ


その他



東日本大震災・被災児童支援プロジェクト


■ピースアート2013
東日本大震災の被災児童チャリティーイベントとして、平和をテーマに、世界のアーティストから集めた100点の作品を展示するポスター展を開催。オープニングには、ウォン・ウィンツァン氏とウォン美音志氏のピアノ・ギターコンサートも開催しました。


その他の活動トップページ



このページの先頭へ