【ミャンマー】モバイルクリニック


2013-2014年実施 チャウタン郡

ミャンマーの最大都市ヤンゴン近くの農村にミャンマー人医師、看護師、アドバイザーなど10名前後のスタッフが行き、小児を対象に診察・治療・薬の処方・アドバイス等を行います。

モバイルクリニックのほかに、母子に対する栄養教育、栄養のある食事の作り方を教えるクッキングデモンストレーションなども行っています。

■2013年7月29日プレスリリース
「ミャンマーでの支援決定」(PDF)




【2013-2014年 実施地域】
ミャンマー ヤンゴン管区 チャウタン郡の6村
(サンディ村、チャーカン村、ユワーティッカレー村、チュンカレー村、
カラウスエ村、カインヂャウン村)
ミャンマーの最大都市ヤンゴンから車・船などを乗り継ぎ約2時間半。ティラワ経済特区の南東地域。

【2015年- 実施地域】
ミャンマー ヤンゴン管区 ダラ郡の6村
(カナウンアタ村、シャンス/ダネートー村、ユアマジー村、ミーチッセ村、
チャウンワ村、トーテーカン村)
ミャンマーの最大都市ヤンゴンから車・船などを乗り継ぎ約1時間半。ヤンゴン川沿いの農村部。



※このプロジェクトは、ミャンマー国内でモバイルクリニック(移動診療)の実績のあるミャンマーのローカルNGO「ゴールドミャンマー(GOLD Myanmar)」の活動を、フレンズJAPANが支援し、協力して行っています。




このページの先頭へ