【寄付キャンペーン】ラオスの新生児治療 ご支援ありがとうございました

2019年01月31日



フレンズがラオスに設立した「ラオ・フレンズ小児病院」では、病院に来る新生児の多くが未熟児で、肺機能、免疫システム、栄養摂取などに問題を抱えています。

こうした未熟児の子供たちを一人でも多く救うために、2018年12月より、ラオスの新生児治療への支援キャンペーンを実施し、100万円以上のご支援が集まりました。

皆さまのあたたかいご支援に、心より感謝申し上げます。
今後ともラオ・フレンズ小児病院をあたたかく見守ってくださいますよう、お願い申し上げます。

【トンシーちゃんのお話】
~トンシーが早産で産まれたときの体重は、たったの994グラムでした~
フレンズのミッションである「心のこもった治療」によって、命を繋ぎとめたトンシーちゃんのお話は、こちらのビデオをご覧ください。


このページの先頭へ