【開催】フレンズトークライブvol.3「GiveとShare」

2020年06月13日

フレンズトークライブvol.3。
今回ゲストにお迎えするのは、株式会社毎日放送海外ビジネス部の猶原祥光(なおはら よしみつ)さんです。

以前、報道局で記者をされていた時にフレンズ創設者の井津建郎と出会い、1997年から10回以上カンボジアを訪問し、アンコール小児病院(AHC)の開院までを追ったドキュメンタリー番組を制作して下さいました。また、TBS「News 23」で故・筑紫哲也さんのカンボジアからの生中継に同行され、当時アンコール小児病院で働いていた赤尾とここで出会います。
それから20年以上。今も変わらずフレンズの活動を応援して下さっています。

井津を追いかけてAHCの開院を見届けて下さった猶原さんから頂いた印象的な言葉は、

『井津さんを取材する中で学んだことは、井津さんの理念、フレンズの理念が「押し付けでないgiving」だということ。』

その国にあった方法で、現地の人の考えを尊重しながらその国に根付くものを一緒に作っていく。決して一方的ではないgivingの活動の原点はここにあるのかと思います。

今回、猶原さんと赤尾のガイド付きで当時撮影された映像を通して皆さんと一緒に当時を振り返り、お二人から、「GiveとShare」というテーマでお話を伺います。

申込は不要です。YouTubeでのライブ配信となりますので、当日時間になりましたらこちらにアクセスしてご覧ください。

猶原さんや赤尾への質問も受け付けています。6月18日(木)17時までにこちらのフォームよりメッセージをお送りください。



日時: 2020年6月18日(木) 21:00~22:00
方法: YouTubeでのライブ配信となります。
     時間になりましたら、こちらのサイトにアクセスしてご覧ください。
サイトURL:https://youtu.be/fI0Xl27XLS0
※ネット回線の状況等で、音声や映像に支障が出てしまう可能性があります。予めご了承ください。
参加費: 無料


現在挑戦中のクラウドファンディングに関してもお伝えします。クラウドファンディングの詳細は、 プロジェクトページをご参照ください。


▽登壇者紹介▽

猶原祥光 (株式会社毎日放送 海外ビジネス部)※写真中央

上智大学外国語学部英語学科卒業。アメリカ・ニューヨーク大学大学院ジャーナリズム専攻留学。ニューヨークが縁で知り合った井津建郎さんの活動を取材するため、1997年から2001年にかけてカンボジアを10回以上、訪問。アンコール小児病院開院までを追ったドキュメンタリー番組、地雷除去活動、医療問題、貧困問題など、カンボジアが抱える様々な問題を取材。TBS「News 23」で筑紫哲也キャスターと現地からの生中継も。現在は、コンテンツビジネス局海外ビジネス部部長として、主に日本のドラマやドキュメンタリーなどを海外に紹介したり、独立行政法人国際交流基金と共同で、発展途上国に日本文化を紹介する事業などに従事。


赤尾和美(フレンズJAPAN代表、LFHCアウトリーチプログラム部長、看護師、認定心理士)

杏林大学看護専門学校卒業。看護師免許取得後、臨床経験を経て渡米。アメリカ合衆国ハワイ州看護師免許取得。ワイキキ保健センターでHIV専門クリニック、HIV専門団体にてHIV/AIDS予防教育担当として勤務。1999年にカンボジアのアンコール小児病院にボランティアとして滞在後、2000年より2013年4月まで、同病院にてHIVと訪問看護の専門家として従事。2013年よりラオスのラオ・フレンズ小児病院にてアウトリーチプログラム部長を務め、現在フレンズJAPANの代表を兼務する。



【主催・お問い合わせ】
フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN
Tel/Fax: 03-6661-7558
Email: friends@fwab.jp


このページの先頭へ

最新のお知らせ